スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーヴユナイティア プレイメモ テルン編4

ユナイティアの感想です 16~18章

ネタバレ満載です

アスベルとリオンを阿呆ほど贔屓しています



16.
・闘技場で少し訓練 APプラスはターン毎のAPの回復量を上げるスキルみたいです 魔法系に装備させれば連発しやすくなりますね
・アスベルさんにヒットアンドアウェイなどつけてみる 殴ってから移動出来るのは地味に美味しいというか 前衛の必須スキル・・・・
・スキル覚えたり色々したので先に進みます
・今回の訪問地は『憎しみの砂漠』見た目普通の砂漠だけど圧迫感がすごいとか熱気が悪意を向けられてるみたいとか混じりけのないヴールの領域は初めてとか嫌な予感しかしないわ・・・・
・だだっ広い砂漠で途方に暮れる一行→テルンが「あたたかい感じがする」何かを関知→よし掘ってみようか!・・・というところでジェイドとナハトの登場です 嫌な組み合わせだ
・ナハト「おまえは危険だ!この地の憎しみに呑まれるがいい!」エエエエエ
・この地の憎しみYABEEEEEE
・彼の敵意の権限だそうです・・・サンドワーム・・・・
・ナハト少し落ち着けwwどうしたww
・「本当にボクや皆さんを倒す気なの?」→「くどいよ、僕はルフレス族の最上位者だ。その僕が『やる』と言っているんだ。ならそれは『起きた』と同じことさ」ナハト落ち着け
・「それがナハトの本心なら、ボクはナハトと戦う!」→「はっ!生まれてまだ日も浅い、まだ夢守にもなっていなかったひとりぼっちのひよっこがさ!『夢紬』になった途端、一人前面とは笑わせるじゃないか」ナハト落ち着け
・ロイド「ひとりじゃないさ!オレたちがテルンと一緒に居るんだ!」→「・・・・・・ならもろとも、砂漠に撒き散らされるんだね!」ナハト落ち着・・・・なんでナハト遊佐じゃなかったんだろう・・・・・
・サンドワームは動いてきませんがほぼほぼ無詠唱で晶術飛ばしてくるので怖いです 一匹ずつタコ殴りにするよ!術で!
・二匹倒したところでナハトが動いてきました 全属性に耐性があるようなので物理で殴ろうと思います
・全部ww倒したらww増えたwwwチクショウwww
・でも相変わらずサンドワームばっかり
・これもしかして一匹瀕死で残してナハトとジェイド倒したあと最後に止めさせば増えなかったり・・・するんですか・・・ね・・・・・
・サンドワームを大量に倒したことで少し場の圧力が和らいだ模様です 頑張って探そうか石版
・あっ石版じゃなかった!『慈しみの珠』だそうです ノーマさんが見つけてくれましたさすが!
・ノーマの「褒めてくれてもいいんじゃないの~?」に対する皆さんの反応がこちら
アスベル「あ、ああ、そうだな。ありがとう。助かったよ、ノーマ」
フレン「さすが、宝に目がないだけあるね」
ナタリア「本当に、並外れた執着ですわ」
ヴェイグ「確かに、相当、執着心が強くなければ見逃しているところだろうな」
・・・・・アスベルさんしか褒めてない!ww
・この調子で残りの二つも見つけましょうねというところで次章です

17.
・前話の戦利品に「ドクログミ」という物がありまして 食べさせた相手との好感度を一段階下げるグミだそうです そんな便利アイテムが・・・・・!でも確かに初期組で組んでて後で好きなキャラ出てきたりとかするとガッカリしますものね!そういうときのためのアイテムなんでしょうね!
・実はまた手が滑ってアスベルとリオンの支援会話Aを出してしまったのですが どうせもう変わらないだろうしいいかなって・・・w会話回収だけはしたいけれども その時用に取っておこうと思います
・それとサポートの書をリタっちに 無詠唱で晶術が発動するという点で美味しい このゲーム術ゲーだから・・・w
・サクサク行こう 次は『絶望の荒野』です
・次の相手はゼロスとメルディです
・ゼロスたちは待ち伏せしてたわけではなく、球を探していたようです 壊すのが目的とか
・やっぱりメルディ・・・というかユーリ陣営何か隠してるな
・「それとも・・・」で突然戦闘に突入する斬新な流れです
・風属性は弱点つける人をおっさんしか使っていないので辛いです
・ほほう時間切れとな?
・やっぱりナハトが召喚した模様です 今回はご本人は降臨しません
・そういえば初めての8人戦闘です サモンナイトやってるみたいでテンション上がる
・例のやつ頼むわ!で増援出現です 「たまたま居合わせたようなこと言って、やっぱり仕込んでるんじゃねェか!」マッタクダヨー
・ローパーが増えたので術が怖い!
・気付いたら後詰が来てました コウモリ系もうざいから嫌いじゃ
・降参するだとwwウッソくさいwww
・みんな「この流れで信用しろってのも無理があるよね」ハロルド「・・・開けてみちゃう?」やめろw切腹かww
・テルンによると二人から悪意は感じないそうですが・・・さてさて
・ゼロスが何かを見つけたぞ!壊される前に奪い取れ!
・あっくれた ごめんね疑ってw
・次のアイテムは『望み』の珠です 全部集まれば何かの力を発揮するんだろうなと思っていたらノーマが作中で言ってましたさすがトレジャーハンター
・次の領域ではナハトとジェイドがパーティの準備をして待っててくれてるそうです あと特別ゲストにユーリ(本気)・・・頑張るね・・・
・あっプレセアもいるのか ますます嫌だわ・・・

18.
・待て待て待て待て ゼロスとメルディ仲間に入るんか oh・・・
・ソフィとメルディと支援組めるリオンはやはりテイルズシリーズの花である いや妖精さんか
・特にやることもないので先に行きましょうか 次は『嘆きの凍峡』です また厳しそうな場所だ
・メルディ可愛いな・・・・そして元気だなww
・テルンの力はどんどん高まっている様子 テルン自身の成長に関係あるみたいですが嫌な予感しかしない!
・「俺たちが支えてやれればいいんだが・・・」アスベルさんマジ保護者
・集まったけど次はどうするのかな?→「もちろん起動させるんですよねぇ?」ジェイドキターーーーー!
・「ああ失礼。やろうにもその方法が分からないんでしたねぇ。あの石版にはたいしたことは書かれていませんし」全く大佐らしい言い回しである
・「貴方まであっさりと寝返るとは思いませんでしたよ。後悔で眠れなくなったりはしないのですか」含みあるの?ないの?
・大佐が堂々と「奥の手の段取り付けてる」とか言ってて・・・不安ヨー・・・・
・「ヴールの領域から引き出した力を、私の術に練り込み、一気に解放します」絶対死ぬ(確信)
・ちょっ 秘奥義飛んできたよ!?しかも2回!!
・ユーリとジェイドは秘奥義使ってきませんでした・・・プレセアがゲージ使っちゃったんですかね
・全員倒しましたが 「用意したヴールは全滅、どうやらナハトの加護も消えたらしい、となればやることは一つです」奥の手か
・「降参します。はい、こーさん」うっっっっっっっさんくせええええええええwwww
・「へいへい、降参降参っと」嘘だ・・・絶対嘘だ・・・・
・「ええ~~~~~~~!?な、なんなんだよ、一体!?」全くだよww
・ナハトのことについては「それは言えません」ちょ
・「知らない方がよいこともありますよ?どうしてもというなら、本人から直接聞いてはどうですか。私たちをヴールの気から護るために近くにいたナハトの思念体も、今頃はもうメランコリウムでしょう」思念体・・・だと・・・・・
・道案内くらいはしてくれる、そう、です、が
・「降伏の仕方といい、怪しすぎる。罠かも知れない・・・」ですよね
・テルンがナハトに会いたいというので結局対策は不安なままメランコリウムに行くことに
・この3人はどうするんだ→「勝ったのはおまえらなんだ。好きにすりゃいいさ」ユーリさん潔い・・・・
・まあ、うん アスベルさんが置いていくなんていう非道な決断するわけがないよね
・でも頭ごなしに信用するのもアレなので折衷案として手を縛って連れていくそうです
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

紫輝

Author:紫輝
東京在住の人の日々の呟き。
やたらテンション高い日もあれば見るのも嫌になるほど沈み込んでたりします。
ネタバレへの配慮はほとんどありません。すみません。
なにか呟いてても深く気にしちゃいけません。
ナチュラルに腐っているので耐性のない方はご注意を・・・!

カテゴリー
最近の記事
記事検索
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。