スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーヴ ユナイティア プレイメモ テルン編1

ユナイティアの感想です 7章まで

当然ですがネタバレ満載です

話の流れが追えるような追えないような感じです

いいよって方は どうぞ 約4700字です


1.
・ルフレスが可愛い
・アスベルが可愛い
・立ち絵はそれぞれの出身作から使いまわしなんですね
・チュートリアル戦闘始まるぞー
・「いや、勇んでみたはいいが、戦い方とか俺たち知ってるのかなって・・・」可愛い・・・
・「剣を持ってるってことは、戦ったことがあるってことだ!」ロイドの考え方ww
・「ご、強引だな・・・」アスベルのツッコミスキルが健在で嬉しいよ!
・戦闘中もよう喋るのう
・カウンターのスキルがないと反撃しないのか・・・FE式か
・ロイド4足か!最初から4足のキャラがいるのは美味しい
・アスベルの「うん」の破壊力よ・・・

2.
・唐突にバトル始まってワロタ
・引き続きチュートリアル戦闘です 今回は間接攻撃と術の使い方(一回目)ナタリアと一緒
・弓矢の範囲が・・・なんか違う・・・!周囲3マスは攻撃不可で射程は5マスまで 狙いづらいのう
・性・・・格・・・!?術士狙いとか色々あるみたいですマジかー・・・
・ステータス画面でキャラクターのプロフィール見られるんですね 「まじめで礼儀正しく面倒見が良い」っていうアスベルの説明にきゅんとした
・というか年齢身長体重までわかるとはテルンの情報収集能力・・・
・「テルン、大丈夫だったか?怪我はないか?」アスベルさん優しくて面倒見が良い・・・うっうっ
・一話終えるとセーブ画面に飛ばされるのはサモンナイトシリーズと一緒ですね

3.
・フレンキターーーーーーーーーー!
・久しぶりにwwこんな爽やかな宮野聞いてるwww
・受け止めたwゴーレムさんの攻撃を受け止めたwwさすが団長・・・
・好感度についての説明もここです 支援組める相手が決まっているFE蒼炎式
・同時出撃・隣接・援護・回復行動によって上がるようです グミによる回復もいいみたい
・一定値を越えると支援会話が発生し、支援レベルが上がると援護攻撃の威力が上がり消費APが減るそうな
・支援レベルは各組み合わせごとに3まで上がり、何人とでも組めるが最大値にできるのは一人だけとのこと 浮気禁止か・・・ww
・ZOC先生!ZOC先生じゃないか!!
・喜々としてアスベルとフレン上げようと思ったら対象外でした 残念
・ZOC持ちは背後を取られにくいから有利とか色々説明されてるけど
 どうせ後半勇猛果敢(ZOCによる移動制限を無視)とか心眼(攻撃を受ける時の方向補正を無効にする)とか持ってる敵が出てくるんでしょ知ってる
・しかしフレン固すぎてwwダメージ一桁とか何www
・あーアスベル可愛い

4.
*ここまでのストーリーまとめ
・この世界は『レーヴァリア』という名前で、全世界の眠っている人たちが見ている「夢」によって作られた世界
・この世界には人たちの夢の悲しい部分や暗い部分といった闇の部分が具現化した『ヴール』という存在がいる
・テルン達『ルフレス族』はヴールを浄化し、レーヴァリアを守っている=外の世界も秩序が保たれている
・ヴールは本来形を持たない煙のような存在だが、時たま力を蓄えて形を持つヴールが現れることがある。それを叩き伏せて浄化するのが『夢守』
・ルフレス族は自然発生するが、生まれた仔は成長したルフレス族によって育てられる。その時大人を『育み手』若仔を『継ぎの仔』と呼ぶ
・現時点で最強とされている夢守は『ナハト』、テルンの育み手
・ここのところ特に力をつけたとかではないのに実体化するヴールが現れた→と同時にそれに立ち向かうべき夢守達が一斉に姿を消す
・夢守以外でヴールに対抗できるのは表の世界で眠りながらレーヴァリアで活動することのできる強い意志を持った人=『夢みる目覚めのひと』だけのため、街に残された若仔たちは彼らを召喚してなんとかしてもらおうと考えた
・ものの、力不足による不完全な召喚で本来街で目覚めるはずの『目覚めのひと』たちは各地に散らばってしまった上、記憶も無くしてしまっていた
・召喚の儀式を逆の手順で行えばすぐに送還してもらえるが、レーヴァリアと現実世界は繋がっているため、レーヴァリアが滅べば現実世界も滅びる
・と聞いて放っておけるはずもなく、「みんなで夢守たちを探しに行きがてらヴールが増えた原因を探ろう!」ということに←今ここ
・外に出るにしてもまた前話のようにヴールが街に入ってきたら困るのでロイド特製バリケードが設置されました何それすごい強そう!頑丈そう!
・アスベル「お疲れ様」・・・・・・っ!(ダンッ)
・夢守探しのために街を離れる・・・・前に、街の周りのヴールを殲滅していきます ルフレスが近くにいないとヴールの影響を受けて精神や体調に影響が出るそう 今回は街から離れすぎないならとテルンが引き続き一緒に来てくれることになりましたよ
・戦闘に関しては相変わらずのチュートリアルです 今回はルビアを加えて攻撃術の使い方のお勉強
・アスベルとフレン仲良しさんなのに支援組めないとか本当に!残念すぎて!

5.
・それでは姿を消した夢守たちを探しに町の外へ出てみましょうね
・と思いましたが本来臆病な性質らしいルフレスの子ども達は誰もついてきてくれません
・ここで「うん、まあしょうがないよ」とか言えるみんないい人だな・・・
・色々あってテルンが勇気を振り絞ってついてきてくれる事になりました 信じられるか・・・この子最年少なんだぜ・・・・・
・「テルンは必ず俺たちが守るからな」アスベルさん・・・
・5話にしてやっとキャンプメニュー来た!!
・とりあえずアホみたくアスベルさんを強化する楽しいお仕事 ZOC生成とカウンターは必須ですよね・・・
・とか言ってたらダッシュ(移動力強化)見逃しましたチクショウ
・道中ずっとテルンがナハトがいかにすごいかを力説してくれるので早く会いたいですね!
・和気藹々してたら突然誰かの叫び声が!→私「えっモブいるの?」→ガイでした ごめんねガイ・・・
・完全にうなされてる人のそれです本当にありがとうございました・・・ヴールの影響を取り除くために殴って大人しくさせますよ
・あっ 支援組めなくてもサポートは出来るのか そうか
・追撃が出来るのはスキル「サポート」を持つユニットのみ、かつ、サポートできる回数は限られています 最高3回は少し少ないと思うの・・・・・
・しかしフレンの攻撃当たらんな!!もっとDEX振れば良かった!
・ガイを街まで連れ帰って次章です やっと本編入った感じ

6.
・フリーバトルも解禁したのでスキルポイントを稼いでみようかな フレンの攻撃当たってくれないとお話にならん
・ギガントにホイホイ挑んで死んだのは私です さすがに早すぎた!
・EXエピソードも解禁したので覗きに行ってみる
・リタとルカでした 倒せるかどうか不安です・・・・彼らもうなされて大暴走です
・イノセンスの通常戦闘BGMスゲーいい曲ですね!?
・えっなんか新しい術技増えてる!アナウンスしていただきたい!
・とりあえずなんとか倒せました どうやらヴールにとりつかれると心の闇を外へ吐き出してしまうらしいです よくある設定だけどテイルズシリーズのキャラって大体何か重い物抱えてるからシャレにならん
・頑張って倒したご褒美に二人がついてきてくれるそうですヤッタネ!可愛い術士ヤッタネ!
・ロイドの存在は貴重だよなあああああ「何言ってるんだよ?」「ご、ごめん、迷惑だよね・・・僕みたいなのが友達になりたいなんて・・・」「オレ達もう友達だろ!」
・あっ!やっとアスベルさんとイチャイチャ(語弊)出来る人きた!リタっち!
・さてでは本編に戻りましょうね 今回は山です 何故か大量の宝箱が散乱しているといういかにも怪しい山です
・「レーヴァリアにある物はすべて見せかけ。確かなのは強い意志だけ。意志がくじければそれだけよわくなる」テストに出そうですね!
・要するに宝箱は全て見せかけ、ということですね しっかり惑わされているのがノーマであった
・そういえばEXで仲間にした子もイベント参加するんですね!細かいなー
・さてでは浄化のために戦っていきます 木が邪魔で!マップが見えん!!w
・支援可ならとっくに上がってるのになあ・・・アスベルとフレンでばっかり組んでるから全然好感度が上がらない
・正気に戻ったノーマもそんなに変わらないね・・・なんて思いつつ 「あんた達に着いてったらその服のキラキラとか鎧の宝石とかもらえそうな気がする!」とかなんとかユフィのような理由でノーマがパーティin フレン「なんだろう・・・これは絶対にあげてはいけない気がする・・・!」確かにフレンの鎧のそれは魔導器なので外しちゃダメな奴ですねww
・ベルベルってあだ名が可愛すぎて床ドン

7.
・舌の根も乾かぬうちにEX2が出たのでまた覗いてきますね
・ロイドが穴に落ちた・・・ってことは出撃不可・・・・なんてこともなく
・ハロルドwww
・・・・って思ったらヤダー!坊ちゃんじゃないですかヤダー!!こんなに早く会えるとは思わんでな!思わんでな!!
・「人やヴールがボロボロ落ちてくる穴」→「あとから来たこの二人(エミルも居ました)は調べようとすると抵抗する」→"坊ちゃん穴に落ちた" クッソ・・・・・可愛いな・・・・・
・「恐ろしいことを言う人だ・・・やはりヴールの影響か・・・!?」いいえ通常運行ですww
・「自分の身体を守りたかったら、しっかりこいつらと戦って勝ってねv」「鬼か!」・・・・・ww
・というわけでリオンとエミルとヴールの皆さんvsアスベル御一行です
・アスベル「武器を収めてくれ!戦う理由はないはずだ!」リオン「理由だと!?あるに決まっているだろう!」エミル「お前らに勝たないと俺らが手術されんだよ!」ですよねーw
・からの
・「・・・・・え?」ちょっ 急に砲撃ヤメテ!ラタトスクエミルびっくりするけど貴方のその一言で私がしぬ!坊ちゃん可愛い!
・グレイブ怖い!
・「俺たちとあの人を止めないか?力を合わせればきっと・・・!」「ふざけるな!おまえたちは何も知らないからそんなことが言えるんだ!突然知らない場所に放り出されて早々、あの女に追い回されたことを!」確かに怖いww
・「そ、それは確かに怖いな・・・・・」ガイそれ多分意味違うw
・「いいか!僕はおまえ達を倒し、その飛んでいる生き物(テルンのことです)を捕獲して、このわけの分からない場所からなんとしてでも出る!・・・だから、僕の邪魔をするな!」スゲー気合いですねww
・げっ 敵増えた!?ヤバイ・・・・
・気絶したハロルドとエミルをバリケード代わりに突破しました EXはちょっと難しめなのかな
・3人と街に戻ってきましたが 事情を聞いて「おまえたちだけに任せてはおけん。一緒に行ってやる」と申し出てくれた坊ちゃんに対してナタリア「一緒に行きたいと言えばいいですのに」ルビア「無理にツンツンしてるんじゃないの?」 言い放題である 大体合ってる
・アスベルとフレンに対してはマジツンツン1000%です
・「おまえたちのような奴は苦手だ(うろ覚え)」「おまえみたいな直情的な奴を見ると誰かを思い出す」くっそ・・・くっそ惚気やがって・・・・!
・「君に嫌われたくはないんだけどな・・・」「・・・・嫌いとは言ってない!」やだフレン怖い・・・王子様怖い・・・素でこの台詞が出るなんて・・・
・やった!アスベルとリオン組める!私得!
・フレンとも組めます
・ということはスタリオは今回別陣営か・・・
・リオンが4足じゃない・・・だと・・・・・・
・ZOC形成できない坊ちゃんが愛しい
・おい・・・サポート持ってないぞこの子・・・・・
・あーほんとアスベル可愛い
・今回の本編キャラはソフィです さくっと倒して仲間にしましょうね
・手伝わないけど手伝わせることは出来る坊ちゃん「○○、援護しろ!」よろこんでー!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

紫輝

Author:紫輝
東京在住の人の日々の呟き。
やたらテンション高い日もあれば見るのも嫌になるほど沈み込んでたりします。
ネタバレへの配慮はほとんどありません。すみません。
なにか呟いてても深く気にしちゃいけません。
ナチュラルに腐っているので耐性のない方はご注意を・・・!

カテゴリー
最近の記事
記事検索
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。