スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イナズマイレブンGO ギャラクシー/スーパーノヴァ プレイメモ5

スーパーノヴァの感想です

8章(vsガードン)と9章(vsラトニーク)

思考は京拓に傾いています

ネタバレ満載

現時点でアニメ未放映部分を含みますのでご注意下さい


*8章
・京介がお散歩から帰ってきました
・いよいよ鳥さんパラダイスに出発ですね!!
・たっくんがw宗正起こしてるwwいいお母さんだwwスゲープンスコしてる可愛いw
・すごい壮大で機械都市ーって感じのBGMですね 東のBGMがアレンジ違いだったらL5崇める
・ガードンは火の惑星です
1.ボールは浮きづらく弾速はちょっと速め でも比較的地球に近いバランス
2.火属性の必殺技の威力が上がる
・アルベガさんに呼び出しを食らったので町の西広場へ向かいます
・ガードンの野生ちょっと強い・・・?
・デスドロップの秘伝書が店売りしているなどと
・アルベガ一人で来るとはいい度胸だ
・ごめんね ソウルほとんど頼ってないの メインキャラがソウル持ってないから
・京介サイドです
・アクロウス・・・だと・・・そうか・・・あれパパなのか・・・兄さんじゃなかったのか・・・随分若いお父様ですね・・・一体おいくつなんです・・・・
・天馬たちのほうは東の種族に会いに行くことになりました そうか そうするとそろそろ母子が一時離脱するのか まあ・・・なんとかなるさ シュートさせなきゃいいんだうんうん たっくん抜けるのはキツイけどうちの神童さん働きすぎだからまあたまにはね
・ホーネさん美人だなー
・ロダンちゃん可愛いよロダンちゃん
・東の山に行くためには「トロッコロード」を抜ける必要があるそうです「命が惜しくないのならくればよい」と東の民に言われました
・確かに危険wレールの下がマグマww
・「そう簡単に事故が起こることはない」えっツルギさん?
・翼を持たない西の種族が鉱石を運び出すために造った道だから安全面はちゃんと考慮されてるはず とのこと マチノヒトニキイタンデスッテ!
・ん?シナリオが違う トロッコロード抜けてきましたが最後の一回がこれまでと段違いで危険なようです 鉄橋の下が谷になっている模様
・「誰から行く・・・?」「オレが行く。こんなのなんて事無い、まあ見ていろ」「待て。おまえだけでは心配だ。俺も行くぞ」「ちっ」お母さん・・・
・あっ!長老!
・そうか ゲーム版ではここで二人のソウルが発動して助かったんですね
・神童さんテラ冷静w「戻れそうにないし先に進んでみるか。イナリンクで連絡して・・・よし、行くぞ」神童△・・・・
・ポリゴンの動きだけなのに見返り美人っぷりが伝わる神童さんのポテンシャル
・せな か・・・?!長老二人しょって飛べるんですかスゲーですね!!
・集落のBGMはアレンジじゃなかった 残念です
・イベントさくさくだなーw
・天馬たちは必死に頑張ってましたが神童さんの「ここに泊まることにした。試合には戻る」を見て一度引き上げることに
・次の日です
・宗正がw逃げようとしてるw長老の言うこと信じられないんですね
・「おまえが帰ると言っても俺は残るぞ」「なっ・・・。・・・わかった、オレも残る。おまえだけ置いていくわけにはいかないだろ」「ふ・・・」「・・・チッ」だめだもう母子にしか見えない
・修行開始です が これ突き落とされたの?どうなの?
・二人を欠いたまま試合開始となりました
・小さい頃のアルベガはとても優しい子だったんですって 何があった・・・・
・・・・やっぱり熱い蒸気の吹き出し口みたいですよフィールドを囲んでる穴は どうやら熱を放出することで地殻の安定を図っているようですが罠の匂いがしますね
・ツインズきた!ゲームにはいないと思ってたけどちゃんといましたね!可愛い!
・「ロダンはどうするつもりかな、この試合」
「試合って言えばさ。オレ、試合の前の夜って興奮しちゃってよく眠れないんだよね」
「ガンダレス。そういうときはホットミルクを飲むとよく眠れるんだ」
「えっ なんでだ」
「ホットミルクだけに ホッとするだろ」
「そっか!そうだな!すげーー!すげーこと知ってるな!リュゲル兄!」
「ふふん・・・」
ばかな子たちだなーw可愛いなーw
・見れば見るほどシュートされたら終了しそうな布陣
・ガードンのチームレベルは33です
・ふおお・・・ホーネさん・・・「アルベガを心から尊敬している彼の右腕。長老とも親交があり気苦労が絶えない」ホーネさん・・・好き・・・・
・ちょっと待てよ・・・ マヨン(♀)「アルベガの幼なじみで同時期に翼を捨てた。二人の過去は他のメンバーも触れられない」
・ガードンなんなの・・・三角関係なの・・・・ホーネ→アルベガ←マヨンなの・・・何なの・・・・
・排気口の役割がわかりました ボールを内側に押し戻してしまうためラインアウトやコーナーキックが発生しない仕様だそうです
・鉄角のソウルはここで覚醒なんでしょうね 「貴方の気合いは充分。あとは貴方自身のソウルと語り合ってみてはいかがですか」って座名九郎さんが言ってた
・いきなり「アドバンスゲージを溜めろ!」って言われて超動揺した
・めっちゃソウルに語りかけてるw「逃げるな!逃げずに立ち向かえ、ソウル!!」お、おう!
・鉄角のソウルはバッファローです
・おや・・・修也さんのシュートは入ったのにツルギのシュート(パワー同じくらい)は止まるイベント補正入ったよ?何かあるのかな?
・強制失点あるのかなと思いましたがありませんでした 信助頑張るな 怪我をしたみたいですが
・ロダンが信助を潰そうと画策していますがアルベガには協力する気はないようです 誇りというか 意地があるのかな
・まさかの仲間割れwwロダンはあくまでも信助を潰したいようですね
・いやいやいやいやww登場シーンがヒーローすぎるだろww東の種族の背中から飛び降りるとかww「待たせたな!」
・長老が最後に忠告を残していってくれました 内容はまだわかりません 『魂』の力でどこまでできるかわかりませんが頑張ってみます
・相変わらず修也さんのシュートは通してくれるようなのでとりあえずゲージ溜めがてらロダンに取られた分を取り返します
・トライアングルZZを覚えてくれたんですが一回目がツルギと天馬で二回目がツルギとたっくんという なかなか良い選び方をするじゃないか・・・w
・ゲージ溜めたらイベント発生しました 待ってwソウルの発動の仕方wなんかおかしいww
・「ソウル使いがもう一人いるなんて聞いてないぞ!」「もう一人?オレだけだと思うのか(ドヤァ)」
・「応えろ!俺の奥に眠るソウル・・・!!」マエストロ従えたときと同じような台詞を言ってくれて私は嬉しい
・ロダンの「うっそ!?」の言い方可愛いなー
・「さあ 神童!オレたちの力、見せつけてやろうぜ!」「ふっ・・・ああ!」もうだめだ母子にしか(ry
・もともとドリブルに長けた神童さんなので突破突破突破で抜けていけるのがとても楽しい!
・ロダンは何か嫌らしい攻撃を仕掛けてくるつもりのようです
・たっくん何か気付いた 長老のお言葉が今活きる!「もしガードンが全員攻撃を仕掛けてきたら、ボールを奪っても決して攻めてはいけない」
・「みんな戻れ!早く!」に不満も言わず「えっ!?はい!!」って戻れる天馬良い子ですよね 信頼してるんでしょうねたっくんを
・えええええw火山弾ww降ってきたwww
・ロダンが仕掛けたブツだったようですが 死ぬわマジでww
・アルベガにソウルが覚醒しました 長老が見ている・・・「忘れていなかったか。ガードンの魂を・・・・」
・「俺は古きものに・・・ソウルに勝つためにここにいるはずなのに・・・・!」超 動 揺
・しかし堅い これはソウル纏う前に2点以上入れておく必要がありそうですね
・クジャク宿したフォルテシモV4の威力がいまいちだったんだよなあ・・・アームドした方が強そうでな・・・ドリブルソウルなのかなあ・・・・
・あっ やっぱりあの時突き落とされてたんだww
・「どうしてだよ父さん!(意訳)」「私は彼らを認めただけだ。希望に向かって前へと進んでいる、彼らをな」長老・・・・
・「何故他の星の人間を信じられる!?」「彼らが私の言葉を信じたからだ。私の言葉を信じなければ、ロダンの罠を打ち破ることはできなかっただろう。だが彼らは信じたのだ。よく知りもしない他の星の者の言葉を!」おおう・・・・・
・「彼らに赤い石を授ける。よいな、息子よ」やっぱり持ってた
・赤い石は『紅蓮の炎石』ガードンの秘宝だそうです
・「えっ渡しちゃうの!?(意訳)」「星が滅びるときにそんな石っころ護っていてなんになる。護るべきはそこに生きる人とその魂だ」長老・・・・うっ・・・
・ツインズまだいた
「俺はまたあいつらと戦うことになるようだな」えっ 会ったことありましたっけ
「えっ リュゲル兄、あいつらと戦ったことあるのか?」ですよね
「ああ イメージトレーニングの中で何度もな。だが安心しろ。これまで全戦全勝だ」ちょwwww
・そしてこれだけでは終わらない
「すげー!すげーよ、リュゲル兄!イメージトレーニングで勝っちゃうなんて すげー!オレなんてイメージトレーニング最後までできたためしがないもんな。さすがリュゲル兄だ!」
「ふふ・・・言うなよ。それ以上何も言うな・・・」
「すげーや!やっぱすげーって!マジすげーから・・・」
なにか続きがあるかと思ったらここまででした やっぱこの子たちアホの子可愛いな・・・w
・炎石譲り受けました「おまえに託す。人と人との信頼が切り開く未来が来ることを信じて」頑張ります
・ガードンは他の星と違って未来への希望を持ってみんなを送り出してくれます
・あ 西に翼を持つ種族が降りてきてる!
・東の集落もみんなで見学して 次の星に旅立ちますよ
・いきなり声出てビビった「早速特訓か?」
・実は宗正焦ってたみたいです ソウルが自分に使えるかどうか不安だったんですって「ガラじゃないけどな」
・「確かにガラじゃないな。・・・だが、俺にはわかってた。お前は、最後は信じられるやつだ」お母さんわかってたわよ的な
・「さあ、もう遅い。部屋に戻るぞ」なんというお母さん・・・
・・・・このシーンが30話のトロッコのあれなんでしょうか
・カトラが部屋に降臨した!?
・ポトムリきた!!やっとカトラ様見られたね良かったね!
・天馬の願いは宇宙の人たちとも楽しくサッカーすることだそうです
・希望のカケラはあと一つですね
・予告が鉄角とツルギじゃないですかー
・うっさんくせえええええww大原さんの演技すげえww
・次の星の人たち一体どんな姿なの・・・
・「ここで負けられちゃ困る。『あと一つ』なんだからな」ツルギさん素が出てますよ
・ちょ ま 次回が 「さらば友よ」って 何 なんなの
 
*9章
・続きからです
・思わずポトムリも本体で出てきちゃうぞ!
・未だにカトラがなぜ「天馬の前に」現れたのかは納得していない様子
・「カトラ様の言う力とはなんなのだ・・・」なんなんでしょうねえ・・・
・京介サイドです  あからさまに陰謀の匂いがする
・ドノルゼン「・・・そろそろ、女王とあの者には表舞台から消えてもらうとするか」やっぱりお前かーーーーー!!
・京介思わず走り出しちゃったwちょっと冷静になれなかったか・・・いい子だな
・ララヤにドノルゼンが黒幕だと告げますが思いきれない様子
・ほらああ!なんかやばいじゃないですか!
・二人はどうなったんです・・・
・そして神童さんである
・何の用事かと思ったらただの伝言でした 次の航路のことで車掌から話があるようで しかし監督は不在である
・なんか怪しげなメモを見てしまったようですが内容が気になりますね・・・!
・天馬たちは朝練なうですがBGMがww
・みんなでキャプテンをワッショイしておいて「さて、キャプテンをからかうのはこれくらいにしておきましょうか」である 陣ちゃんww
・・・・陣ちゃんもう少し宗正と(鉄角と)練習するんですってよ・・・!
・相変わらずイナリンクははっちゃけています
・宗正と霧野のバトル第二ラウンド突入ww
・たっくんは黒岩監督について考えているようですね
・次の星は「ラトニーク」だそうです
・今度は緑の星ですね 林の選手が強くなるんだろうな
・昆虫に似た生物が人類と共存しており大型の生物を飲み込んで養分にする危険な草花が数多く確認されて・・・危ないな!!ww
・ラトニークに到着です なんか歓迎された・・・!?これは怪しすぎる
・ラトニーク人は穏やかで優しい性格なんだそうです
・いぶまながお喋りした嬉しい
・回復アイテム「変な花の蜜」って何ww
・ラトニーク人は大樹に村を築いて生活してるんだそうです すごいね!クレイラみたい!
・村に行くためには「カラマリネの森」を抜ける必要があるそうなんですが 一度迷ったら生きて帰れるかわからない危険な地とかwマジかww
・森を二度も抜けるのは危険なので今晩はラトニークの村に泊まるそうです
・ラトニーク人にとってサッカーバトルは友好の証なんだそうですww
・ラトニークの特徴
1.ボールが山なりに飛ぶ。地面の反発力が高く、ボールは高く弾む
2.林属性強化
・迷うぞー迷うぞーと言われているだけあって超複雑です しかも一方通行多い
・そして野生が強い イナズマシリーズって野生戦は消化試合みたいなイメージあるんですが今回はガチでいかないと点が取れないのですごいストレス溜まる もっとレベル上げてきた方がよかったかなあ・・・
・森なんだから湧き水とかあってもいいですよね?(訳:回復サイト欲しい)
・散々迷ってあからさまに怪しい場所に出ました ここはあれだ 驚異の侵略者の樹海の奥地
・からの
・ばかな子たちきたww急にw
「ここどこだいリュゲル兄」
「なんだ。ガンダレス。俺がまた迷ったとでもいいたいのか」
「違うよ違うよ!違うけど、ちっとも村に着かないよ」
「心配するな。こんなときはとにかく高いところを目指せばたどり着けると決まってるんだ。つまりラトニークの村はこの坂を登った先にある!」
「なるほど!やっぱリュゲル兄はすげーよな!なんでも知ってるもんな!」
「ふふ・・・言うなガンダレス、それ以上言うな・・・・。さあいくぞ!」
「うんリュゲル兄!」
ほんとにwwばかだなwwもうww可愛いwww迷ってるw落ちるなよww
・さて天馬サイドです 怪しすぎる中央に向かって突撃しますよ
・うわwなんかでたwwなんだろう 怨念みたいな・・・?
・あ 名称あるんだ 「怪しい影」・・・確かに!ww
・何故かサッカーを挑まれましたやだラトニークこわい
・何かあると思ったら何もなく・・・シュートも普通に入るし
・前半でなにやら不穏なことを言われましたよ「オマエたちの弱点 ミツケタ!」怖い怖い怖い!
・急に靄がかかったと思ったらなんと目の前に見知った姿が!
・サトちゃんに罵られたり小さい頃のさくらに嘲られたり真名部パパに叱られたりしてこれは完全にさっきの靄がやばいものすぎてだな
・なに ちょ パパのゲス顔ww
・「テツさんはそんなこと言わねぇ!てめぇテツさんじゃねえな、誰だ!」鉄角すげえwwさすが!!
・鉄角の一喝でみんな戻ってきますがみんなが見せられてた幻がなんなのか気になるわ・・・・
・陣ちゃんとさくらと九坂はまだ帰ってこられない模様
・時間切れなので後半開始だそうです 三人が絶不調になるのかな?
・特に何事もなかった 強いて言えばサトちゃんとパパと小さいさくらがフィールドにいるくらいww
・さくらのソウルはカモシカです
・だからほんとに!この!処刑用BGM鳴ってるのにボール取られる仕様何とかしろよ!!
・陣ちゃんの覚醒始まるよ!
・「やはりおまえは私が監視しなければなにもできない未熟者だ」「・・・いいえ、未熟者なんかじゃありません。僕はこれまで、たくさんの勝利への解放を見つけてきました。それは僕が、僕自身の力で見つけたものです!パパの力じゃない!!僕は!僕だけの解放でパパを超えてみせます!!」うわああああこれアニメ超楽しみじゃないですかーーーー!!!
・ソウルの呼び方可愛すぎ萌えた
・天馬クソッww「ええっ!?なんだあのちっちゃいの・・・」可愛いだろwいいじゃんww
・「・・・今のなに?イタチ?」「イタチじゃない!ラーテル!」まさかのところから答えがw
・ラーテルはイタチの仲間で小さいけどとっても強い動物(好葉談)だそうですよ!「すごく硬い毛皮や爪を持っててライオンやコブラにだって恐れず立ち向かうから『世界一怖いもの知らず』って言われてるんですって!
・鉄角「弱そうじゃね?」真名部「よ、弱そう?僕のソウルが?!ちょっと!失礼じゃないですか!」神童「おい、おまえたち!試合はまだ続いているんだ、集中しろ!」怒られたww
・九坂はまだ幻影から抜け出せないので「この僕が、ラーテルの力を見せてあげます!!」頑張れww
・ちょwラーテルすごいwww
・勝ちました みんなお疲れさま!
・陰人間倒したはずなのに復活してきました さすが影
・「君たち、目を閉じて!」誰!?
・えっと・・・バンダ?パンダじゃないね バンダだね
・バンダはラトニークの選手なんだそうです
・ここはマドワシソウの土地で危うく食べられるところだったとか 食べ・・・られる・・・・?
・「何でそんな危ないもんを刈り取りもせず放置しておくんだ」「なんで?マドワシソウも生きてるんだよ?可哀想じゃないか。マドワシソウが栄養を欲しがるのは子供を育てるためなんだもの。それにマドワシソウはこの星の土地を肥やし空気を作ってくれてる。刈り取るなんてあり得ないよ」ラトニーク人すごい
・バンダにミヤブリ花をもらいました マドワシソウに惑わされなくなる特効薬だそうです
・座名九郎さんww「穏やかでいようとする自分の中にバイクに乗ってむちゃくちゃに暴れ回っている姿が見えた」そうですよww未来の姿ですねわかりますww
・バンダが案内してくれるそうなので引き続き村に向かいますよ
・このマスキッパ絶対どれか写真撮れるよねって思っている
・さりげなくラトニーク人の体力侮れないというフラグを立てつつ
・悶々とする九坂である
・村に着いたぞー!
・あれっ 早いねみのりさん
・「気づかなかった?森の中に近道があるのに」
「ていうか知ってるなら教えろよ!」
「宿はもうとっておいたわ。監督も後で来るそうよ」
スルースキルwww
・バンダかわいいな・・・絶対悲劇の結末を辿る系だな・・・・
・助けてくれたお礼にできることはある?→サッカーしたいな!
・大ムカデをw干してるwこわいww
・ツインズキターーーー!
「よし!村に着いたぞ、ガンダレス!」
「やっぱりリュゲル兄の言ったとおりだったね!すげーや、リュゲル兄!」
「言うな、ガンダレス(ry)」
ほんともう・・・ばかかわいい・・・・
・ラトニークイレブンを見かけたバラン兄弟は早速声をかけるみたいです「俺たち兄弟が助っ人に来てやったぜ!」
「なんと!それはありがたい!」えっ
「私たちもそろそろ新しいメンバーがほしいと思っていたのです」おお?
「お二人が我が合唱団にはいってくだされば、きっと美しいハーモニーを奏でられることでしょう」あwれwww
・合唱団知らないガンダレス可愛い
・サッカーのチーム名とか言っちゃうリュゲルも可愛い 要するに知らないんじゃないか
・しかも「ラトニークイレブンじゃないほかのチームのメンバーのようだ」ってw
・「どこにいるんだ?」「あっち(逆方向)ですね」「えーーーーーー!?」ああもうばかかわいい!好き!!
・みんなでサッカーするならボクの仲間にも声をかけるね!・・・ってことであとで集会所で落ち合う約束をしました
・ウワサの近道にチクショオオオとなりつつ集会所へ
・おい ツルギがイベントに顔出してるぞ
・ラトニークイレブンイケメンぞろいだな・・・スタッグもロンガもイケメンだな・・・でも「心より歓迎いたします!」とかいわれると怖さがガチ
・おいそんなところで通信したらバレるだろww社長久しぶり!
・ツルギ曰く「仕事でなければ絶対に訪れたくないつまらん村」だそうです
・「いくら姿を変えているとはいえおまえが偽物と悟られるのも時間の問題。その前に役割は果たせ」フラグ・・・・
・報酬ってなんなんでしょうね
・「オズロック様。まもなくですね・・・」「ああ・・・・」えーーーー
・今の感じだと・・・社長たちも滅んだ星の生き残りっぽいね コールドスリープしてる自分たちの仲間を蘇生したいのかな えっそれなんてミクトラン
・社長たちの意外な一面を覗いたところでラトニークイレブンとサッカーバトルを開始します
・レベル37か・・・・
・ラトニークウエア鎧みたいでかっこいいですね
・ローカスはティスを鍛えている最中のようです「教えたとおりにやってみろ!今日こそ技を成功させるんだ!」
・教えたとおりにやった結果がキノコ召喚→キノコでジャンプして敵を飛び越える
・植物の力パねぇww
・あ 必敗だったのか だいぶ真剣にやってしまった
・ちょ 急にローカス倒れたよ!?「寿命が来たんだよ」いやいやいやいや!
・データによるとこの星の住人の寿命は地球の時間で一ヶ月なんだそうです 虫だから・・・?
・「平均一ヶ月で長い人は一年、中には一週間で寿命が尽きる人もいる」やっぱり虫か・・・ってことは三年眠ってる人もいそうですね
・寿命が短すぎて悲しいというアースイレブンに「別に悲しくはないよ。だってそれが当たり前だもの。それだけ早く新しい命が生まれて受け継がれていくだけさ。君たちの星とは時間の流れが違うだけだよ」そういう考え方もありますよね・・・・
・「それにローカスは自分のテクニックを誰かに伝えるという役目をちゃんと果たして寿命を終えた・・・だからとても満足だったと思うよ。僕たちはそうやって確実に次の世代へと技術と知識を伝えていくんだ」お・・・おおおおお・・・・・
・「では特訓の続きをしましょうか」あっ・・・はい・・・・
・変わってファラム・オービアスです「どうだ?女王の様子は」「しばらく抵抗を続けておりましたが今はおとなしくしております」おおう・・・・
・「こんなに悪い国になっていたとは知らなかった」というララヤに「何も心配しなくて良い。取り戻すさ、この国を・・・いや、この星を」である 京ちゃんイケメン過ぎて辛いけどなんか危ないこと考えてるな絶対
・天馬たちはなんだかしんみりしています 当然か
・しかし張り出した足場にみんなで並んで座ってる図はなんか微笑ましいなw
・またメンツが面白い 天馬・神童・陣ちゃん・さくら・鉄角・信助・好葉という なかなか不思議な組み合わせ
・「あんなに寿命が短いなんて」「それを何とも思ってないみたいだったしな」「だから、僕たちとは時間の流れが違うんですよ。宇宙には何百年も生きる種族もいると聞きます。彼らから見れば、僕たちだって「80年しか生きられないなんて可哀想」ってなるわけですよ」ですよねー・・・・
・「命って何だろう」うわ 天馬がまた重い話を持ち出してきたな
・宇宙に出ることになったときは「地球を救うために行かなきゃならない」と思った。けれどたくさんの星を見て、そこに住む人たちを見た。みんな必死に戦って、自分たちの命を繋いでいこうとしていた。だからこの宇宙に滅んで良い星なんて一つもない 大体こんな感じですかね天馬の言いたいことは
・「ああ。だからこそその命を守るためにも、勝ち進んで優勝しなくては」「はい!」やはりたっくんはお母さんだった(結論)
・一人で特訓してる九坂のところにバンダがやってきます 「おまえの寿命も一ヶ月しかないのか?」「うん。僕の寿命は明日で終わる」え・・・えええええええええ
・バンダこの間ラトニークイレブンになったばかりだから明日が最初で最後の試合なんだそうです・・・・
・「いいのかそれで?」「それが僕の定めだからね。それに僕は思うんだ。人生は『どれだけ生きたか』じゃない。『何をしたか』だって。たとえ一試合でも、その試合で輝くことができれば僕はそれでいいと思ってる」なんだろう まさかイナズマイレブンでゲンドウポーズ取らされる羽目になるとはおもわんかった・・・・
・というわけで当日です バンダは無事でしょうか
・スターシップスタジアムまではゴンドラ移動だそうですよ
・こんな状況なのにイナリンクは通常運行です
・座名九郎さんが悪夢にうなされたそうですよ 「ムゲンに続くような牢獄につかまっているのです。脱獄を図るのですが追いかけられ 警備員を・・・!恐ろしい夢です」未来の姿乙ww
・では 試合会場に向かいましょうか きっとあのおばかちゃんたちも来るよねいい加減に
・ラトニークの人たちいい人しかいなくて悲しくなる・・・・
・話しかけた人の三人に一人が「もうすぐ寿命なの」でほんとやめろください・・・・
・「以上が今回のスタメンだ。バンダ。おまえにとってはこれが最初で最後の試合だな。力を尽くせよ」「はい!」だから!やめて悲しくなるから!
・「ちょっと待ったーーーー!!」・・・といい話に割り込んでくるのがこのおばかちゃんたちである
・「間に合って良かったねリュゲル兄」
「わかってないなガンダレス。ヒーローって言うのは遅れて現れると決まっているんだ」
「え!それじゃあこれまで道に迷ってきたのはわざとだったのかい?」
「まあ・・・そういうことだ。ここぞって時に現れた方が目立つだろ」
「そうか!すげーな、リュゲル兄!そこまで考えてたなんてやっぱすげーよリュゲル兄は!」
だめだーーーーー!ww
・多分会話が丸聞こえだったんでしょうね たっくんどん引きw「・・・何なんだあいつらは・・・・・」
・試合前の会話が爽やかすぎてやばい・・・
・そして安定の兄弟
「リュゲル兄!なんかあっちに白い生き物がいるぞ!浮いてるぞ!すげー!」
「見るな。見るんじゃない ガンダレス。あれは『手品』ってやつだ。俺たちの集中の邪魔をしているんだ」
可愛いなあもうww
・中身がポトムリとわかってからみのりちゃんの口数増えてきててちょっとした変化がなんか楽しいですね
・今回は九坂が強制出撃となります 扱いづらいんだよなあこの人
・「今日は僕にとって最初で最後の試合・・・だから全力を尽くす!この試合で輝いてみせるんだ!」お おおおおお・・・・・・
・ラトニークのレベルは38です 終わりに向かってる感がすごい 次が39で最終戦が42とかそういう感じ
・兄弟どっちも林属性なのかー ラトニークとは相性良いじゃないですか 嫌な予感しかしないな!宗正風属性だしな!
・ちょwガンダレスの説明ww「兄のリュゲルを 天才だと思いこんでいる」やめてやれよww
・ちなみにリュゲルお兄ちゃんのほうは「弟であるガンダレスとの連携技は驚異的」特にネタ要素はなかった
・「ガンダレス。わかってるな この試合」
「うん リュゲル兄!よくわからないけど わかってるよ!」
「ふふ・・・よくわからなくてもわかってるならいい。まずは地球人のお手並み拝見といこう」
いやいやいやだめだろwわかってないことすらわかってないじゃないですかwwもうww
・相手がどんどんソウル発動してきて超怖い!!
・前半終了間際にイベント発生です「僕 全然試合に絡めてない・・・このままじゃだめだ」バンダ無理しなくて良いのよ・・・
・「ふふ・・・そろそろだな」
「えっ リュゲル兄!もう本気出しちゃっていいのかい?」
「ああ!いくぞ、ガンダレス!準備はいいな?」
「もちろんだよ、リュゲル兄!あの技だよな!」ウワァ嫌な予感
・何今の技すげえ!かっこいい!エフェクト超格好いい!違う子に覚えさせたい!!というかアニメで見たい!!
・アースイレブン「あの兄弟馬鹿に見えたけどめちゃくちゃ強いじゃんなんなの」
リュゲル「決まったな。これがインパクトだ」
ガンダレス「かっけーーーー!やっぱすげーよな!リュゲル兄は!でもわからないよ。どうして今まで、必殺シュートを打たせてくれなかったんだい?」
「ふふ・・・決まってるだろ。試合終了の直前で決める・・・そのほうが盛り上がるってもんさ」 ・・・あっ(察し)
・「まだ『前半終了』の直前だけど・・・」
「なかなか強敵のようね。馬鹿だけど」ですよねーーーーー!!!www
・「会話の内容は低レベル」とか言われてるぞ
・頑張ってるバンダを見て焦った九坂がラフプレ イ えっ GCギャラクシーって審判いたんです?
・マタタビがちっとかけっとか言ってますが彼はベンチどころか試合に出ていません
・こんなオレじゃだめだ・・・!→そんなところが貴方の強さ。それを受け入れて、乗り越えて→わかったぜ森村! あー・・・はい
・ゲージを溜めます
・「俺は弱い奴だ。この程度の奴だ。・・・だが、俺は諦めねぇ!森村のため!地球のダチのため!そして バンダとの約束のためだ!」
・バンダも覚醒しました「大切なのは活躍する事じゃない、ただひたすら全力を出すことだ。「今」をちゃんと生きることなんだ!たとえ活躍なんてできなくても そんなプレイができる人は・・・輝いてる!」
・あっ 九坂のソウルグリズリーだったのか ヒグマだと思っててごめん・・・ww
・「またおまえに助けられちまったなぁ・・・好葉!決めたぜ、俺はやっぱおまえを彼女にしてみせる!」余所でやれ
・ゲージを溜めます
・バンダ楽しそうだなあ・・・・ソウルも発動できて良かったねでも強制失点はいた い ちょ まさか
・あああああ倒れた・・・・
・「バンダは寿命のようだな。ホネット、代わりに入れ」「はい。・・・それにしても、地球人は何を騒いでいるの?」「かまうな。今のうちに決めるぞ!」こ の 温 度 差 
・九坂が心の声を聞いたところで試合再開ですが やっぱり全然ダメですね!!
・今作はイベント進行前に点取っておかないといい話になり始めた辺りからキーパーが本気出して全く点が取れなくなる仕様の気がします・・・・
・「どうすんだよ、リュゲル兄!」
「あわてるな、ガンダレス。これは俺たちが本気を出すに値する試合じゃなかっただけだ。だから・・・」
「だから?」
「・・・・。撤退だーーーーー!!」
「あ 待ってよ!リュゲル兄!」
マジ癒されるなこの子たち・・・・
・ファラム・オービアスではピクシーの協力もあってミネルが異変に気付いたようで・・・・?
・「女王に忠誠を誓う兵士は一人残らず抹殺するのだ。私に刃向かう者は生かしてはならん」ドノルゼンてめーこのやろー
・「女王はどうしますか?」「放っておけ。いずれ餓死するだろう。あの地球人もな」え えげつねええええええ
・天馬の方は最後(になるかな)のカトライベントです なんかみんな乗り気になってて可愛いな
・ツルギがぼろを出し始めています 白竜の「また勝負しろ」に「何故俺が」はだめだろ・・・w
・ちなみに少し前に兄さんに会わせてみたら「もっとよく顔を見せてくれ。・・・いや・・・気のせいか・・・?」って言われました兄さんさすが
・さて 最後の希望のカケラ「緑の石」があると思われる場所に連れて行ってくれそうなワームが病気にかかってて ラトニークの薬では治せないとか 「じゃあ他の星の奴を試してみれば良いんじゃない?確か行商人が来ていたよね」あ そういうこと 地球製の薬かと思ったww
・「ワームちゃん」ってwwなにww
・また良いところだな・・・・見つけた石は『緑光石』最後の石をゲットです
・「力」に心当たりがあると言うことで ギャラクシーノーツ号に戻って石をみのりに預けることに
・そしてツルギ「いよいよだな・・・・」不穏
・うっお!?みのりちゃんがついてくるとは美味しい
・あ 読めた これ全部ミスリルなんじゃね?
・やっぱりミスリルでしたー
・急にポトムリ実体化したぞ
・ポトムリの精神がみのりに変化を与えたそうです ちょっと結合度が上がったのと精神の高揚でポトムリの姿が見えてるんですって
・カトラの目的はコズミックプラズマ光子砲を完成させることにあったようですね
・急に声でてびびった
・何このw愉快な展開ww「残念だが、それはこの俺がいただく。・・・おまえごとな」
・大原さんのしゃべり方ww急になにやらオネエ系ww
・「貴方は何者なの」「剣城京介の顔を借りている・・・とだけ言っておこうか」「何!?」京拓ありがとう!!不意打ち!
・なにやら怪しい装置を発動してツルギは消えてしまいました
・「天馬!しっかりするんだ!」「神童さん・・・剣城はどこに・・・・?」これ京拓クラスタ的に一番混乱して不安でどうしていいかわからないの神童さんだったらいいのになって でも年上だしこの中では一番天馬と剣城との付き合い長いから自分がしっかりしなきゃって自分を奮い立ててると考えると果てしなく萌える
・「ニセつるぎが仲間から外れた・・・」ニセww
・次回予告はマタタビと天馬です
・宇宙サッカー大戦争って・・・なんか色々混ざってるね・・・・?w
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

紫輝

Author:紫輝
東京在住の人の日々の呟き。
やたらテンション高い日もあれば見るのも嫌になるほど沈み込んでたりします。
ネタバレへの配慮はほとんどありません。すみません。
なにか呟いてても深く気にしちゃいけません。
ナチュラルに腐っているので耐性のない方はご注意を・・・!

カテゴリー
最近の記事
記事検索
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。