スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール戦機ウォーズ プレイメモ6

・アニメを見ている方向け

・思考がハルヒカに傾いてる

・ネタバレ満載

・主人公の名前は「ミコト」です

大体世界連合結成辺りまでです
・セーブしてきたのでグレンシュテイムに喧嘩を売ってみます
・フルボッコされかかったけど私は元気です。
・日が変わってのこのこブリーフィングルーム入ったらハルキさんムラクさんカゲトラで私はどうしたら
・ロシウスが縮小されたことでローズシティ周辺もエゼルダーム領になったそうです 旧ローズシティは「ジーク・ギガンテス」と呼ばれているそうです 中で強大な破壊力を持つ兵器が製造されてるんですって 危ないな
・怖い兵器を叩き壊すために周りの拠点の半数を落とすのがこれからのミッションです
・とりあえずハルキさんに話しかけにいくよね!わんわん!
・「強大な破壊力を持つ新兵器などエゼルダームに作らせるわけにはいかない。完成前にジーク・ギガンテスを奪還するぞ!」テライケメン
・司令室のジン君は時々独り言的なノリで生徒には知らせちゃいけないようなこと口走ってますよねww
・なんか落としたはずの拠点も黒に変わってるような・・・?気のせいか
・ともあれ拠点攻略にかかりますよ
・増援がデフォルトみたいになってきててな・・・・最後の一機必殺ファンクションで片づけた後シュイーン!って鳴られるとげんなりだよ!
・ムラク小隊フル活用で楽しい拠点攻略です
・気づいたら半分攻略してたみたいです イベント発生した
・ジーク・ギガンテス侵攻作戦にはジェノック第一・第三・ミコトのいる小隊(私は組み替えてないのでハーネス第一です)は強制出撃だそうです 「リクヤを出すのですか?」デスヨネー
・「私から申し出ました。あえて危険なミッションに参加することで疑いの目を向けさせないように。・・・・と考えてのことです」あっ・・・そう・・・・・
・「なるほど、了解した」ハルキさんそれでいいんですか・・・そうですか・・・
・「それでは頼んだぞ」→『終了時間となりました。本日の...』あるある・・・・
・次の日の朝のご挨拶はミハイルでした「おはよう、ミコト。さあ、一緒に登校しよう」えっ・・・・あ はい・・・・何この人王子様?王子様なの?
・ではジーク・ギガンテスに!行って参ります!
・今回は二部隊しか出撃できない上そのうちの一つが強制みたいなものなので スナイパー部隊封印プレイです だってムラクさん出したいじゃない
・カゲトラかムラクさんにライフル持たせてもいいんですがそうするとタイマンバトル突入したときに不便なのでフィールドに関してはなんとか考える
・だめだ・・・僕の勝利だ可愛すぎてだめだ・・・・
・中入ったら何かあるよねって思ってた あった いやなにもなかったんだけど
・「・・・・・もぬけの殻?新兵器が作られているんじゃなかったのか?」
「フラッグもないってどういうことだよ?」
罠ですねわかります・・・・・
・最後のパラサイトキー予想通りなのかよ!
・あがけと言われたのであがきます
・ジンさんには「リクヤ機を守りつつ撤退」と言われたのでハルキさんの「リクヤ機を中心にフォーメーションを組め」に従って行動し・・・たいところですが すまないがリクヤ小隊は初期位置から一歩も動いてないんだ だからグルゼオンの攻撃範囲内にはいないはずなんだけど まあ着いて来ちゃってるよね!わかってる!
・ちょ ちょっと待って タイマンバトルはだろうねって思ってたからいいんだけど メンツが ミコト・アラタ・リクヤってどういうことなの・・・・私の潤い・・・・・
・リクヤの面倒を見ながら戦っていきます 今回のお着きはブルースさんとダイゴなのか ・・・年長組?
・かwてwえwwって思ってたらイベント発生した いつの間にか何機か撃破されてるんだがどういうことなのw
・そういえばキョウジがグルゼオン動かしてること知らなかったんだっけ
・「お友達ごとロストさせてやるぜ!」これはいい悪役
・だから主人公のw覚醒がwwほんとにww
・必殺ファンクションにオバロ追加されました これで使えるようになるのかな?
・なりました そうかこうやって使うのか
・しかし・・・キョウジ何もしてこなかったな逃げてるだけで
・「パラサイトキーの在処はわかったのだから、手の打ちようはいくらでもある。・・・あの二人にはオーバーロードの優れた素質がある。是非協力してもらいたいものだね」とかなんとか不穏なお言葉を賜って作戦終了です
・ジンさんが明日までに対策考えてくれるそうですけどこういうときのそれはだいたいフラグ・・・・
・綾部さんが順調にフラグ建築しててな・・・・・
・すまないな、完全に僕のミスだ とか言われてしまった いえいえ大丈夫ですよ
・イベントキターーーー!!!
・ゲーム版ではリクヤは殴られませんww
・綾部さんから電話きたんだけどw「指定した場所にお一人でいらしてくださいませ」ウワァ・・・・
・ジン君が教室にいるなんて珍しいね!(そこ)
・「リクヤ君が落ち着いたら司令室へきてくれ」あ やっぱり司令室なんですねw
・綾部さんの身バレきた 一応ワールドセイバーは「支配者たちから権力を奪還し世界に真の平和をもたらすために戦う組織」なんですね 一応
・「何か新しい作戦を考えないとこのままでは後手に回るばかりだ」ってカゲトラが言ってたんだけど何か新展開があるんですかね 新型機?
・「では、パラサイトキーは君の執事の手により、エゼルダームに渡ったのだな」
「はい。申し訳ありません。磯谷家の・・・いや俺の過失です」若旦那のこんな口調珍しい・・・・
・「よく報告してくれた。自分の執事を疑うなど、したくはないからな」ジン君優しい
・学園長から呼び出しです 一緒に行く子多いな!ww
・ハーネスっ子以外は君づけのジン君である
・ゲンwwちゃんww
・「美都博士がロストワールドにおり、セカンドワールドのシステムに生体ユニットとして組み込まれている」って説明がアッサリすぎておかしいwwアニメもっとこう 盛り上がったのに!!
・美都博士は「セカンドワールドの運営のためにはどうしても生きた人間の脳神経が必要だから」という理由で自ら生体ユニットになることを志願したそうです マジか
・「もうお父さんの指示には従えない。運営側の人間は信用できません!」あれっまさかのリクヤww
・学園長の指示に従えない者は島から追い出すけどウォータイムには参加しろってどういうことなの学園長w相当混乱してますね?ww
・「行きましょう。もうここに用は無いわ」美都先生気絶しなかった ハルキさんもユノちゃんもいないからですか
・ジェノック第三がスカウト可能になりました ヤッタ・・・ネ・・・?それより早くほかの小隊くれ
・というわけで美都先生にお話聞いてまいります
・うお いっぱい出たww
・「美都先生、ジンさん。セレディのあの放送を俺たちも聞きました」ハルキさん以下ジェノックメンバー蚊帳の外か・・・
・「何を信じるべきなのか、皆不安に思っています」なんという生徒代表・・・・
・「玲奈さん。もう彼らに話しておくべきです」急にw
・美都博士の本名は「美都英輔」優秀な研究者でERPにも関わっていたそうです
・セカンドワールドを維持するためのコンピュータ「グランドマスター」というのがあるそうです マザーってやつか
・美都博士ジン君のA国留学時代の恩師なんだって!!
・コンピューター工学のスペシャリストで脳神経科学の権威ってすごいですよねw
・グランドマスターの中には「アンダーバランス」=世界各国の軍事力がすべて記録されたチップで、中身はリアルタイムで更新されて常に最新のデータに保たれている があるそうです
・そんな危ないものワールドセイバーに渡しちゃいけないよね!・・・ってことでみんなが志気を上げる中
カイトさんである
・「・・・・勝手に盛り上がっちゃってさ」フラグ・・・・
・ああー・・・・そうか セカンドワールドの活動が2時間限定だったのは博士の脳神経を媒介に動作してるからだったんですね そうか・・・・・あれっ でも今倍になって 倍だから2時間なの?どうなの?
・ガルーダちゃん浮上した そろそろ終わりじゃないですかこれ
・アラタ「叩き潰してやる!」
ジン君「ダメだ。悔しいだろうが、今日のウォータイムでは様子を見るんだ」oh...
・マスターキーの製作には時間がかかるはずだからその間に空中空母について全力で分析してくれるそうです
・あれ スゲー今更だけどキャサリンはもうスカウトできるんですね?今更だね!
・特に今できることも見つからないのでアンナさんに会いに行きましょうか レーヴェいるかなぁ
・グレンシュテイムの汎用機って訳ではないのかなあ グレイリオばっかり
・ちょ エンペラーの頭拾った!マジか!
・トリトーンさんとか拾えるその日を夢に見つつ ジン君が「激戦が予想される」って言ってた拠点に突撃してみます
・まさかの三部隊出撃・・・・・
・言うほど激戦でもなかったっていう準備してたけどやっぱり増援がきました
・いきなりドガガガガッ!って音鳴ったからどこからの銃撃だと思ったらどうやら増援で来たゴルドーが地雷に引っかかったらしく ばかww
・大真空斬で斬り飛ばしたらまた増えました 確かに激戦だ
・でも終わってみれば回復アイテム消費なしだったって言う 武器と相性がよかったのかな
・なんか不穏な雰囲気です「ボクらはいったい何を守るためにワールドセイバーと戦わないといけないのかな?正直なところ、もうセカンドワールドを守る理由が見あたらないんだけど?」カイト・・・w
・セカンドワールドのおかげで故国が流血を免れたというロイに「根本的な問題は解決したのかい?調べてみたけどさ、君たちの国は分断されたことで一層貧しくなっている。要はセカンドワールドってさ、権力者たちが自分の都合にあわせて作ったものなんだろ。少なくともボクは、運営側よりもセレディ先生の言ってることの方が筋が通ってると思う」おおう・・・・・
・リクヤ「そこまでは思ってないけど運営側も信用できない」カイト「ふうん・・・・」いやな予感しかしない
・!!第一ktkr!
いろんな何かの都合だろうけどハルヒカがお隣で私は幸せです
・「とりあえず今しなきゃいけないのは美都博士を守ってセレディを止めることだろ」
「僕たちが総力戦を挑んでも勝ち目はないぞ」
「全部の仮想国と同盟を組もう!セカンドワールド内で呼びかけるんだ!」
「・・・・・行けるかもしれないな」
・・・・方向性決まったみたいです これジン君たちどうなるんだろう 行ってみればわかるか
・「生徒たちだけで、世界連合を?」
「はい。これは俺たち、ジェノックとハーネスの総意です」
「美都先生、どうしますか?」
「私たちも信用できない・・・・ということよ。いいでしょう。好きにしなさい。私たちは別で動きましょう」
「・・・・・はい。皆、各仮想国の本拠地への進軍を許可する!君たち自身で考え、動くんだ。君たちならばできると信じている。まかせたぞ」
あれっ・・・・・・・
・とりあえずエースプレイヤーにメールで資料を送ってあとはそれぞれ説得して回るそうです ・・・説得(物理)とかにならなきゃいいけど
・メカニックはなにか思いついた様子
・「・・・・大丈夫かしら」「大丈夫でしょう。間違っていることを間違っていると言える子たちです。今は信じましょう。僕たちの生徒のことを・・・・」おおおおお・・・・・
・目的:各国の本拠地を攻略し、世界連合を結成だ! ウワアアアやっぱり説得(物理)なんじゃないですかー!もー!!
・何らかの形で本気かどうか確かめてくるはず、おそらくLBXでのバトルになると思う→じゃあいつも通り勝てばいいんだな!→まあ、分かりやすく言うとそう言うことだ そう言うことかwそっかww
・「全仮想国の本拠地への侵攻を決行する。俺たちの強い思いをバトルで示して彼らと同盟を結ぶんだ!」・・・・ごく普通に ハルキさんが 指揮とってる件について 誰か
・直接指揮はとらないけど情報教えてくれるのは変わらずジン君なんですねwハルキさん出てきたらどうしようかと思ったわ・・・・
・本拠地に攻め込めるようにはなったけどまず隣合う領地を落とさないとならなくてだな 非常に面倒くさいな!
・これ本拠地入るとイベント起きるんですね
・ムサシ先輩「よほどの理由があるのだろうがただでは協力できない!君たちも武人であるのなら、ちからで我々を従えてみせろ!」・・・先輩かっこいい・・・w
・そうか!ジェノック第一と一緒か!これはテンション上がる・・・!
・無事にアラビスタ攻略したので次はグレンシュテイムに行きますよ
・「ようこそ、セカンドワールド最大の科学技術立国、グレンシュテイムへ!」歓迎されたww
・「早速ですがあなた方の提案にはNOと答えさせていただきます」わけはなかった・・・・・
・高度な技術にはそれだけの責任が伴う、力を使うに値するか否か見極めたいとのことで まあ説得(物理)ですよね知ってる
・現時点で最強のライフルと敵の苦手属性が被っているのでサクサクです シスイさんが頼りになりすぎてな・・・・!
・このさあ 奥まで言ってから入り口まで増援倒しに戻らせるのやめてくれないかなあ
・待ってエース強い 必殺ファンクション避けられまくりで逆にピンチとかちょっとやめて
・ハルヒカブレイクオーバーさせちゃった・・・・すまない・・・・
・プライドの高い美人は大体倒されるとき「この僕が・・・っ!」って言いますよね まああと知ってるのジューダス(TOD2)くらいなんですが
・焦ってヒカルちゃんだけ復帰したけど結局アラタのグングニルでごり押しました 超判定の必殺技は便利だ 溜め長いけど
・オーディーンミリタスとかいて裏山などと思いつつ グレンシュテイムの協力を取り付けました あと3つか・・・・
・次はポルトンに行きましょうか
・扱いがwひどいwwキャサリン全開wこれ男衆後ろで苦笑してるだろ絶対
・あれ?なんかBGMに悲壮感漂ってるんだけど・・・?前の三つこんなじゃなかった気がするんだけど・・・・残り半分だからかな
危うくゲームオーバーになるところでした!オーシャンブラストさすがトリトーンさんの技だけあって強い!
・しかしここまでお約束のようだった増援はありませんでした ポルトン・・・・w
・石川タケヒロ君とキョウジの間に何があったんです・・・・
・あれ ロンドニア戦は曲変わらないな・・・・ポルトンだけ・・・?
・しかし増援何回来るんです・・・・
・タカヒロ君堅すぎワロタ・・・・・orz
・先生タカヒロ君かっこいいです・・・「やっぱ強ぇんだなおまえら。わかったよ。ロンドニア残存兵力、全て提供してやるよ」
・そういうわけであと一つです やはりロシウスが残った
・本拠地に入るために一つ拠点を落とします 久しぶりにジェノック第一がいないウォータイムである
・増援10体以上こられるとさすがにダレる・・・・
・よし いくぞロシウス
・うおおムラクさんがしゃべっとる
・「おまえたちには恩がある。話を聞くことは約束しよう。だが、このロシウス連合。落ちぶれたとはいえ元セカンドワールドの最大国だ。俺たちを従えたくばその強さと正しさを、力で証明してみせろ!」
「では胸をお借りします、グレゴリー先輩!」
えっなにこれ熱い
・ムラクさんが決意表明してくれたのでグレゴリー先輩はムラク小隊で倒すことにします
・oh...ムラクさんごめんね・・・アイテムの使い方間違えた・・・・
・大丈夫敵はジェノック第一がとるから!
・・・・・何が悪いんだろう・・・ハンマーと相性が悪いのかな・・・・満身創痍だったんですけど・・・・
・ともあれ全ての仮想国と話が付きました 明日全員を召集して話し合いをするそうです ハルキさんが陣頭指揮とるフラグが今からバリ3ですね
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

紫輝

Author:紫輝
東京在住の人の日々の呟き。
やたらテンション高い日もあれば見るのも嫌になるほど沈み込んでたりします。
ネタバレへの配慮はほとんどありません。すみません。
なにか呟いてても深く気にしちゃいけません。
ナチュラルに腐っているので耐性のない方はご注意を・・・!

カテゴリー
最近の記事
記事検索
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。