スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FE覚醒 感想メモ6

14章~17章まで

ネタバレにご注意ください

主人公の名前は「リュンヌ」です
*14章 蒼海に舞う炎
・あれっなんかルキナ加入してる・・・・
・しかも支援会話が最初から解禁してる・・・・親子だからか・・・微笑ましいですが2周目は女の子で(ry
・裏剣ファルシオンは名前が明らかになったにも関わらずマルス専用のままなんですが 知ってるか・・・これ マルス王子も装備できるんだぜ・・・・・これで王子うまく育てれば無双できますね!
・でもとりあえずこの周はちゃんとルキナに剣持たせることにします
・リュンヌと支援会話させてみたけどリュンヌの裏切りフラグが仄かに香っただけでした・・・よみがえる断章の記憶・・・orz
・それじゃあ本編を進めますね
・ルキナが最初から力を貸さずちょこちょこと出てきてたのは必要以上に歴史に干渉しないためらしいです
・12章の暗殺者を回避したことでクロムが深手を負うことがなかったために滅びの運命が回避されたそうな
・でも時の流れには本来あるべき姿に戻ろうとする力があるみたいです
・クロムは世界の命運を決める大戦で死ぬことになってるそうです 仲間の一人に裏切られるそうです 断 章
・リュンヌに電波干渉した・・・!ルキナは何か感づいてるっぽいですね
・マルスって名乗ってたのはかつて滅びの運命から世界を救った神話の英雄マルスの名に願を掛けていたからだとか さすが俺らのマルス王子だ!
・艦隊の数はヴァルム=イーリスだけど兵士の数はヴァルム>>イーリスらしいです
・油がたくさんあるけど何かに使えないかなって話をしてますが これはアレか 自軍の船に火つけて敵船に体当たりか
・「あのとき目を回して倒れていたお前が、今では俺の身を案じる軍師というのがどうにも不思議でな。これも運命というやつなのかもしれんな」
「・・・・・・・・。そんなことないと・・・・思う」
「・・・・何?」
「これは『運命』とか『宿命』とかじゃないんだ。一番ふさわしい言葉を、たぶん僕は知っている・・・・」
「・・・それは?」
「これはきっと・・・僕らの、仲間たちの・・・『絆』なんだと思う。運命に決められたから、出会ったんじゃない。宿命に逆らえず、別れるんじゃない。僕たちは、互いに強い絆で結ばれているんだ」
「はははっ!すごい奴だよ、お前は。俺はお前と出会えて本当に良かった」
「そういうことはこの戦いに勝ってから言ってくれよ」
「言いたいと思ったときに言わないと、伝えることさえできなくなることがある・・・・後悔は・・・・したくない」
・どうもゴチソウサマでした
・リュンヌの台詞は間違いなく今日の格言ですよね
・さてでは戦に入ります
・船の上は狭くてやりづらいね・・・
・ただ橋の上にユニット置いてターンエンドするだけである程度勝手に死んでくれるので楽ではありますが!
・増援がどうのこうの言ってたけど敵じゃなかった
・やっぱり船に油乗せて体当たりでした
・敵軍船に大打撃を与えた勢いに乗って次はヴァルム大陸に殴り込むよ!

*15章 解放の狼煙
・ルキナと支援Bにしてみた なんか悩んでるルキナを励ます話だった
・ヴァルム港に着きました いきなり追われてる女性を助けることに
・ソードマスターの女の子来た!侍!侍!
・なんかイーリスのこと知ってるみたい・・・?
・隅っこにいて両側アーマーナイトに囲まれてるという絶望的な状況から始まります
・女の子を助けて4つある民家訪問が今回のミッションのようです じゃあ 頑張ろうか!
・とりあえずハンマー持たせたヴェイクをスミアで輸送してアーマーナイトの中に放り込みます たぶんここでセルジュさんが役に立つんでしょうね・・・斧持ちで飛べるのはおいしい
・ところでアーマー特効の槍は今回はないんでしょうかね・・・・
・無事にサイリさん助けたので今度はお話を聞いていきます サイリさんはソンシンという国の王女様みたいです
・ヴァルハルトは圧倒的な軍事力で大陸を支配、逆らうものには容赦がないそうです
・サイリ様の味方ってことはヴァルム港は帝国の支配下にはないのか・・・・
・ヴァルハルト打倒の解放軍が各地で動いているそうです リーダーは若くて美人の女剣士だとか
・皇帝は最強の騎馬軍団を持ち合わせているだけでなく自身も大陸無双と恐れられる男だそうです
・うーん・・・そんなつもりなくてもいつも王子組がMVPだね・・・w
・噂通りの・・・強さ・・・いつの間に噂に・・・
・サイリさんは解放軍の方だとか
・抵抗勢力を集めると大陸を二分するくらいの数になるそうですよ でも日和見が多くてなかなかうまくいかないとか
・サイリさんのお兄さんは皇帝派だそうです
・お兄さんレンハっていうのか・・・イケメンに期待
・帝国軍は100万を超えたとか想像つかないね・・・・
・今が解放軍をまとめる最後の機会だから手伝ってください!
・「俺には守りたい国が、人が、未来がある。戦うことが正しい道なのかはわからない。だがそれを守るためなら先頭に立って戦う。間違うなら、誰よりも先に間違って、誰よりも先に気づきたい。同じ過ちで、多くの人が大切なものを失わないために」王子かっこいいわ・・・・・
・ヴァルムには神竜信仰が根強くあるとか これはナーガの方でいいのかな
・そんな大陸なので神竜の声が聞ける巫女様は絶対的な崇拝を集めているそうな その巫女様は現在帝国軍に捕まっているらしく 彼女を助ければなんとかなるのではというお話
・巫女様は「ミラの大樹」という神木の中に建てられた神殿に幽閉されているとのこと 次は神殿か・・・・

*16章 神竜の巫女
・てっぺんが見えないくらい大きな木の上に神殿が建ってるらしいです
・階段はついてるけど階段に続く橋は帝国によって封鎖されてるんですって
・「ならば、正面突破あるのみだ」王子・・・・w
・すごいきれいなマップだなああああ FFプレイヤーの血が騒ぐ・・・!
・エクセライって誰やねん・・・
・セルバンテス(禿)「わしのこの毛がある限り負けはせんわ」兵士「なっ、な・・・。な、無いような・・・?」セルバンテス(禿)「どこを見ておるか!頭ではない!こっちだ、こっち!」兵士「はっ・・・?ひげ・・・・でありますか?」セルバンテス(禿)「わしはな、初陣からこれまで一度もひげを切ったことがない。その間、無敗!ふはは!敗れざる将軍と呼ばれる理由よ!この毛がある限り、我らに負けはないのだ!」なんだこのおじいちゃん可愛いなw
・道が狭いので支援組をセットにして並べていきます
・不敗の増援部隊=6人 しょっぱいww
・でも次から次へと寄ってくるので 全部倒したくなるよね
・ルキナを狙った方が勝率が高くてもリュンヌを狙ってくる敵将はなんなの
・イーリス同盟軍マジ「なんという強さだ・・・」ww
・ラピュタすぎるな・・・・今にもロボット兵が出てきそう
・巫女様来た!・・・・竜鱗族ではないか・・・・名前は「チキ」
・「私の知ってる人によく似てるけどあなたマルス?」マルスによく似てるってことは・・・その時代から生きてるってことか・・・・
・炎の紋章ネタがここで・・・
・炎の台座には宝玉をはめ込む必要があるそうです 今は「白炎」一つしかないとのこと
・残りは「黒炎」「緋炎」「蒼炎」「碧炎」の4つで これらはナーガの力を宿す聖なる宝玉だそうな 全てを台座に納めると「覚醒の儀」ができるようになるんですって
・初代聖王は覚醒の儀で得た力でギムレーを倒したけれども、人を超えた力だったために宝玉は台座から外されたとのこと
・神殿に「蒼炎」 ソンシンに「碧炎」が伝わっていたそうですが 後の二つは志の分かれたものたちが携えて新しい国を作ったそうな
・あ そのときの一つがフェリアなんですね フェリアには「緋炎」が伝わっていたそうです が 今はどこにあるかわからないんですって
・巫女様に「宝玉持っていっていいから覚醒の儀を行ってギムレーを倒し、世界を破滅から守ってください」と言われました
・巫女様のたまわく「あなたからは力を感じる。私たちと同じ力・・・」ギムレーを降ろす力 か・・・・

*17章 死の運命
・解放軍は集結しつつあるものの帝国軍も動き出したとのこと
・主力は3つに分かれていてそれぞれが北・南・中央を押さえているとか
・北=ヴァルハルト 南=レンハ ヴァルハルトと同じくらい強いらしいです 消去法で中央ですねわかりますww
・先に進める前に・・・支援会話不可能で回避に頼れないマルスを強化します ボコボコ殴られるのを見ているのが 忍びない・・・・!まずは剣士になって回避+10を覚えるよ 人に頼れないから自分で強くなるしかないよね 一応デュアルアタックとかガードとかは発動するんですけど
・さて 次の目的地は「シュヴァイン要塞」大陸の中央にそびえる堅固な城塞です
・敵兵の数が多いので要塞を守る敵将の撃破を狙いますよ
・鉄の剣が・・・・不足している・・・・・!
・次の将軍は女の人みたいです 皇帝に恋してるのか・・・そっか・・・・
・マジ 男らしいなこの人!ww
・増援待ってたら解放軍の人たちが来たんですが 速攻で寝返られてしまいましたw倒すだけですが!
・策を弄したのはエクセライ 軍師らしいです オカマ嫌いじゃないけどこのオカマはキモい
・私だけじゃなかったよかったwフェルスさん「お、おわっ!!き、気色悪い!あまり近寄らないでいただけるか!?」ですよねーww
・エクセライは解放軍を脅して寝返らせたみたいです
・おおおマルス全上がり!さすが俺らの王子様!
・増援がもりもり涌くのが楽しくてなかなかフェルスさん倒しにいけないww
・王子・・・王子経験値はマルスに・・・振りたかったんだよ・・・?なんで天空出すの・・・・
・ヴァルハルトはこれからは神ではなく人の時代だ、私が人を導こう!って言ってるらしいです 信長様か
・ヴァルハルトとレンハを牽制してもらいに送り出した解放軍は壊滅、残った兵士は帝国側に寝返ったそうな 両名はこの要塞に向かっているとのこと
・とりあえず王子周辺で無双すれば何の問題も・・・ないと思う・・・・
・リュンヌ「ここを出よう!」ヴァルハルトたちの軍がつけば逃げることすらできなくなるからとのこと 撤退戦楽しいよね!
・周りは命惜しさに寝返った兵士ばかりだから命がけで阻止しにはこないだろうと言う予想
・抜け出した後はレンハとヴァルハルトを個別に叩きに行くそうです
・二手に・・・・分かれる・・・だと・・・・
・主力はレンハに 少数はヴァルハルトに 時間を稼いでいる間にレンハを叩くとのこと
・ヴァルハルト側にはバジーリオさんが行ってくれるとのこと なんか死にそうですごく嫌だ・・・・
・「おまえはクロムをしっかり支えてやんな!」死にそうですごく嫌だ・・・・
・ここでルキナである バジーリオやっぱりヴァルハルトと戦って死んだみたいです 討ち取ったのは本人とか
・止めても行く オッサンかっこいいよ・・・「今、誰かがヴァルハルトを止めなきゃ、俺たちに勝ち目はねえんだよ」
・「奴と戦えば俺は死ぬ。なら、戦わなきゃ良い」まったくだ
・フラヴィアさんいい嫁だなー・・・・
・「運命なんざ死人の言い訳だ。俺たちを決めるのは運命じゃねえ。俺たち自身の、あがきだ。生きる、ってのはそういうことなんだぜ」やべえバジーリオかっけえよ・・・・
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

紫輝

Author:紫輝
東京在住の人の日々の呟き。
やたらテンション高い日もあれば見るのも嫌になるほど沈み込んでたりします。
ネタバレへの配慮はほとんどありません。すみません。
なにか呟いてても深く気にしちゃいけません。
ナチュラルに腐っているので耐性のない方はご注意を・・・!

カテゴリー
最近の記事
記事検索
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。